さやかの考えごと

MY CHAPTER

こちらの記事から
MENU

大学受験に失敗して、1年浪人して良かったなと思った話

 

 

 

 

 

 f:id:sykkk:20170821202838j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんはどんなイメージでしょうか。

 

 

 

 

 

しんどい、1人で孤独、負け組、就職で不利、

頑張っても志望校に届かないetc…

 

 

 

 

 

要するに、

浪人はしない方がいい

 

 

 

 

 

そりゃそうです。

余分に予備校代がかかる。

1年頑張ったところで志望校に合格する保証はなし。

黙々と自分だけが勉強、周りの友達のSNSを覗くと、楽しそうなツイートで溢れ返っている。

大学の友達は、1個下の子ばかり。

 

 

 

両親・本人共々デメリットしかない。

 

 

一般的にはマイナスイメージが強い。

しかも、浪人生はこのイメージ通りです。

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

元浪人生の私は、この言葉を耳にする度、辛かったけど楽しかった記憶が蘇ります。

 

 

 

綺麗ごとを言うつもりはないです。

 

 

 

 

浪人だったことを周りから変な目で見られることもなかったし、思った以上に楽しかった。

 

 

 

 

今回は思った以上に楽しかったことを書きます。

 

ネガティブなネットの情報を見て落ち込んでいる浪人生!

必見です!( 現役合格が一番いいけど、浪人も悪くないで!笑 )

 

 

 

 

 

 

 

 

良かったことその1

 同じ授業の子と秒で仲良くなれるし、かけがいのない友が出来た。

 

 

 

1年間、ずーっと1人で黙々と勉強するのってめちゃくちゃツラいんですよ。

 

 

誰とも話さず、参考書が友達。

下手すれば、朝予備校に行ってから帰宅するまで一言も喋らない日もあるわけです。(友達が出来るまでの私はそうでした。笑)

 

 

これはヤバいと思って、友達作りに励みました。

 

 

基本的に予備校の子はみーーんな1人でいます。

グループでがやがやしてる子なんて稀です。

 

だから、とにかく話しかけやすい。

 

 

しかも大学受験・受験に一度失敗したという共通の話題!

志望校の話や併願で受ける学校のこと、受ける学部とかもう話題は盛り沢山です。

 

 同じように辛い経験をしてるからか、お互いに共感も多い。

 

周りの友達と比べて、自分だけ取り残されてる虚しさ。思うように偏差値が上がらない。漠然と不安。

こんな思いを語り合っていると、いつの間にかかげがいのない大切な友になっていました。

 

 

予備校を卒業して4年、今でもその時の友達と飲みに行くほど。

この子達がいなかったら、浪人生活は乗り越えられなかったと思う程、友には感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かったことその2

 

とにかくモテた(浪人女子限定)

 

ええ、分かります。

言いたい事は十二分に分かります。

ふざけるな!という声が聞こえて来ます。

ふざけてるつもりは1ミリもないです、真剣です。

 

予備校の男女比は、おおまかに言うと8:2。圧倒的に男子が多い。

 

教室にいる40人の中で、私のみが女子なんてこともザラ。

知り合いになる友達も必然的に男子になるわけです。

 

つまり、女子は逆ハーレム状態です。

 可愛いとか可愛くないとか、外見の偏差値なんて関係なし。

 

「女子」というだけでモテる世界です。

大事なのでもう一度言いますね、浪人女子はモテます。

 

ちょっと小綺麗にして、「そうなんや〜」「すごいね〜」と言っていれば、可愛いとチヤホヤされます。

(私はこれで、8人の男子に囲まれる空間にいました。笑)

 

彼氏彼女いない男女が予備校で知り合って、付き合い始めたカップルを予備校内で何組も見かけました。

みんなしっかりリア充してます。

 

貴重な「モテる」という体験ができる。

と同時に、ダメ男を見極める力・興味のない男の誘いを断る力も無条件で身に付きます。笑

予備校にも真面目ないい人もいれば、怠惰な人も数多くいるので....笑

女の子は気をつけてな!!!!!!!!!

 

この力、めっちゃ大事やと大学に入って痛感しました。

お陰さまで、変な男にひっかからずに過ごせてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かったことその3

1年余分に勉強しているので、大学の授業が余裕で理解出来る

 

 

予備校の授業は、学校で受ける授業とは大違い。

一言で「めっっっちゃ分かりやすい」です。

 

教科書や参考書に載っていない知識・裏話・雑学・教養も教えてくれるので、必然的に勉強内容が濃くなります。

 

大学は、中高で学んだ内容のもっと奥深くを学ぶ所。 

この知識・裏話・雑学・教養が大学に入って当たり前のように登場してくるわけです。

 

大学教授は知っていて当たり前のように授業を進めます。

予備校の先生のように1から説明してくれる人は大学にはいません。

 

 私は大学の授業で困った事は1度もなかったです。

余裕〜と思って聞いてました。笑

 

 

 

 

 

 

 

良かったことその4

就職で全く不利にならなかった

 

 

つい最近まで就職活動をしてたけど、どの業界・どの会社を受けても、浪人について一切触れられなかったです。

 

就活関連に出す書類で、浪人したかどうかを問う欄が無い。

履歴書の学歴の部分で、高校卒業と大学入学の年数が1年ズラして書くぐらい。

1年ズレてることに気付く面接官なんてそういません。笑

 

「浪人は就職で不利」説はなかった。

1年浪人して、1ランク上の大学に進学することが出来たので、就職で不利どころか、学歴で有利になりました。

 

ワンランク上の大学に行きたい!って思っているのなら思いきって浪人するのもアリだと思います。

就活では、学歴ってかなり重要になってくるので。

最終学歴は、大事やで.........(小声)

 

 

 

 

以上が私が浪人して良かった!と思えることでした。

 

もちろん、辛くて苦しいこともいっぱいありましたが、今思えば1年回り道してよかったと胸を張って言えます。

 

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

ではまた!