さやかの考えごと

MY CHAPTER

こちらの記事から
MENU

大阪から九州まで安く行く方法を考えてみた

こんにちは!ねこです。

 

8月に入ってもう夏本番!

夏休みや長期休暇で旅行に出かける人も多いかと思います。

 

そんな私も旅行が大好きで、長期のお休みになると

必ず旅行に出かけている一人です。

 

旅行ってなると交通費・ホテル代・お土産・観光やらで

結構お金かかる。笑

 

 

節約出来る部分は節約したい!

ってなると私は真っ先に交通費をケチります。笑

快適に移動出来たほうがええけど、移動してるだけやのに

そんなお金使ってられへん!

交通費で浮いた分、お土産とか観光の費用に回したいし。

 

てなわけで!今回は交通費節約 in九州編です!!!!!!!!

(大阪から福岡まで行くというのを想定して書いていきます!)

 

 

[節約方法]

  1. 夜行バス
  2. 新幹線こだま
  3. フェリー(大阪南港〜北九州新門司港
  4.  [番外編]ガチきっぷ(九州新幹線・特急列車の片道・自由席 

          18〜24歳限定 2017 8.1〜 9.30まで)

 

 

夜行バス

所要時間:約8時間

料金  :3000〜8000円(乗車日と予約日による)

 

まあ王道っちゃ王道ですよね、夜行バス。

九州まで行こうとなると結構な時間がかかります。

大阪から福岡の博多駅まで約8時間ですね。

 

 

夜行バスを調べるなら、夜行バス比較ナビがめっちゃ優秀。↓↓

 

www.bushikaku.net

 

 各夜行バス会社の運賃を比較してくれているサイトです。

最安値のカレンダーの表示や、Web割・早割などもあるので

早めに予約した方が得!

 

色んな会社の運賃を比較しながら決められるのがいいですよね。

損してる感がなくてオススメ。

 

 

 

新幹線こだま

 

所要時間 :約5時間

料金   :7500円

 

 

夜行バスの窮屈さと8時間も耐えられない....!!

バスより快適で安く行きたい!という方にオススメ。

 

www.jtb.co.jp

 

片道のみ、1人からでもOK!

新大阪からなら、博多まで新幹線の指定席で片道7500円

時間指定で、他の新幹線より移動時間はかかってしまいます。

ですが、夜行バスより快適やし時間も短い。

 

新幹線では、車内販売は一切無し

食べ物・飲み物は持ち込み必須!

 

 

インターネット申し込み・電話申し込み・直接JTBに来店予約の

3つの予約方法があります。

 

インターネット申し込み・電話申し込みだと時間がかかってしまうので

直接来店したほうがいいですね。

 

夏休みで結構混み合っているので、インターネットと電話申し込みだと

対応が遅いです。

 

 

 

 

フェリー(大阪南港〜北九州新門司港

 

所要時間 :約12時間

料金   :3980〜20000円(部屋による)

 

フェリーだと移動中は快適ですが、めっちゃ時間がかかりますね。

2017年8月1日から、「船得」というのを実施していて、

条件が合うと片道3980円(税込)でいけるようです。

 

対象便

17:00発 エコノミー(2等和室)     

 

実施期間

2017年8月1日(火)〜 2018年3月31日(土)

 
大阪南港発 2017年8月9日(水)~8月15日(火)

門司港発 2017年8月13日(日)~8月19日(土)

 

大阪南港発 2017年12月26日(火)~12月30日(土)

門司港発 2018年1月2日(火)~1月6日(土)

 

 

時間かかるけど、片道3980円は魅力すぎる。

 

 

 

 

[番外編]  ガチきっぷ(九州新幹線・特急列車の片道・自由席 

      18〜24歳限定 2017 8.1〜 9.30まで)

 

九州を色々回りたい方にめっちゃおすすめの切符↓↓

www.jrkyushu.co.jp

 

18〜24歳で 2017 8.1〜9.30までの間で、出発3日前までの購入なら

九州新幹線・特急の片道・自由席が安くなるというものです。

 

使える人の条件が多いのが難点やけど、学生さんとかなら

使った方がめっちゃお得!!!

九州を色々回る予定があって、条件を満たしている方におすすめ!

 

 

 

以上が大阪から九州(福岡)まで安く行く方法でした。

調べてみると、結構色々あって面白い!

 

 

こうやって行き方を考えるのも旅行の醍醐味やと思うから

みなさんも是非、自分に合った行き方をお財布と相談しながら

探してみて下さい!!

 

 

ではまた!