さやかの考えごと

MY CHAPTER

こちらの記事から
MENU

アルバイトの選び方 (塾講師編)

こんにちは!ねこです。

 

もう新生活が始まって1ヶ月が経とうとしてますね。

 

学生さんだと学校の授業にも慣れてきてそろそろバイトでも始めようかな〜って思ってる方も多いかと思います。

 

なので今日はアルバイトの選び方のお話をしようと思います。

 

 

f:id:sykkk:20170429161942p:image

 

  

これまでの私のアルバイト経歴

  1. 塾講師 (4年間)
  2. 飲食のキッチン(3ヶ月)
  3. ファーストフードの接客(3ヶ月)
  4. 日本料理の個人経営店(6ヶ月)

 

ざっとこんな感じ。

アルバイトの大体のお仕事は経験したのかなーって思います。

 

なのでこの経験をもとに、それぞれの仕事の良かった所と悪かった所を挙げていきますね。

 

  1. 塾講師のアルバイト

良い点 : 

1コマあたりの時給の良さ

長時間働かなくてもいい

座ったままのお仕事

完全に個人個人のお仕事

生徒が懐いてくれて可愛い

 

悪い点 :

時給が発生しない余計な仕事が多い

曜日が固定のシフト

生徒の成績を上げないといけないプレッシャー

わりと授業前の予習が必要

 

塾講師は時給制ではなくて、基本的には1コマ(大体90分授業)○○○○円って形です。なので結構高めなんですけど、1時間あたりの計算にしたら他の飲食のバイトとほぼ変わりません。

 

基本的には生徒は学校が終わってから塾に来るので夕方から大体22時までの間で働く感じですね。丸1日働くことは生徒の長期休暇の時期以外はないです。

なので稼ぎたい!って方はあんまりシフトを入れてもらえないので不満になるかもです。

 

仕事内容は、授業が始まる前に使うプリントを事前に準備したりしてから授業。

(この事前の準備が慣れるまでは時間がかかってしまう可能性があります。

授業が始まってから報酬が発生するので、準備中はタダ働きになるのがほとんどです。)

 

完全に座ったままのお仕事なので全く疲れません。

 

授業は個別指導なら、講師と生徒1:1か1:2なので自分一人の仕事。

なので自分の裁量が大きいので比較的自由です。チームワークとか苦手な方はそういった点でも向いてると思います。(ただし塾講師のアルバイトをずっと続けていたら個人の仕事に慣れてチームワークが大事になってくるお仕事が苦手になる可能性もあるので注意!)

 

 

生徒が来れる曜日と時間でシフトが組まれるので、基本的に曜日固定です。

曜日固定の方がスケジュール組みやすい方も、固定されると困る方もいると思うのでどっちがいいかは人それぞれですね。自分のスケジュールの具合とか見つつ判断してみるといいです。

 

あとは予習。一回習ったことあるから大丈夫〜って感じだと辛いかも。

自分が習った時と変わっている範囲もあるのでその辺はしっかり予習が必要。

でも、賢くないと務まらないかというとそうでもないです。

自分が理解してたとしても、それを相手に分かりやすく伝えることとは全く別問題。

教科書や参考書に書いてあることをいかに分かりやすく伝えるかが最重要になってくるので、伝えるスキルを身に付けたい方にもおすすめです。

 

生徒はめっちゃ可愛いです。

私は小中高生を教えてたのですが、本当にどの学年の子も可愛い。

基本的に子供が苦手で、中高生とか生意気そうで嫌やなーって最初思ってたんですけど、全然そんなことなかったです。学校での話とか部活動の話で盛り上がって、気づいたら授業終了なんてこともありました。

 度が過ぎると教室長に怒られるので、ほどほどにが肝心。笑

 

塾講師のアルバイトについてはこんな感じです!

 

すみません、長くなり過ぎました。

他のアルバイトについては次の記事で書こうと思います。

 

ではまた!